スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花散る頃の殺人/乃南アサ

★★★☆☆

hanachiru.jpg



『凍える牙』で、読者に熱い共感を与えた女性刑事・音道貴子。
彼女を主人公にした初の短編集。

貴子自身がゴミ漁りストーカーに狙われて、
気味悪い日々を過ごす「あなたの匂い」。
ビジネスホテルで無理心中した老夫婦の、
つらい過去を辿る表題作など6編。


家族や自分の将来に不安を抱きつつも、
捜査に追われる貴子の日常が細やかに描かれる。
特別付録に「滝沢刑事と著者の架空対談」。

音道さんの短編ですので
おもしろくないはずがありませんっ。
短編なので、ガチ事件というより
音道さんの普段の生活とかがけっこう描かれていて
ファンにはたまりませんな~。

作品の中で、表題作が一番おもしろかったかな。
おもしろかったというか切なくて泣けます。
時折顔を出す滝沢さんもいい味出してます。
最後の対談も必読ですよ

また音道シリーズが読みたいんだけど
ここでちょっと休憩して、と思って借りてるのが
「風紋」なんだよねぇ。
なんか暗そうだよなぁ。
自分で借りたんだけどさっ。。。
スポンサーサイト

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌

鎖/乃南アサ

★★★★★

鎖


東京都下、武蔵村山市で占い師夫婦と信者が惨殺された。
音道貴子は警視庁の星野とコンビを組み、捜査にあたる。
ところが、この星野はエリート意識の強い、鼻持ちならぬ刑事で、
貴子と常に衝突。
とうとう二人は別々で捜査する険悪な事態に。
占い師には架空名義で多額の預金をしていた疑いが浮上、
貴子は銀行関係者を調べ始める。
が、ある退職者の家で意識を失い、何者かに連れ去られる。

貴子が目を覚ますと、
廃屋に監禁され、鎖で手足を縛られていた。
一方、行方不明の貴子を救出するため特殊班が編成され、
かつて彼女と組んだ滝沢刑事も加わる。

やがて犯人らの巧妙な現金奪取計画が明らかになり、
貴子も犯人の中の女性を説得し、懸命に本部との連絡を試みる。
が、特殊班はなかなか潜伏先に辿り着けない。
ついに貴子の気力・体力も限界に―。


今ハマってる音道・滝沢シリーズの(プー子にとって)3作品目です。
はじめしばらくは滝沢が出てこなくて、
虫ケラ星野にイライラしましたが、しばらく待ったら滝沢が登場しました。
あまりにうれしくなって、滝沢が出てきたくだりを読んだ瞬間、
たまたま隣にいた旦那さんに報告しちゃったよ

今回は音道が犯人グループに拉致監禁されるんですね。
かなり過激なお話です。
後篇に入り息をつかせぬ展開に、目が離せず一気に読んでしまいました。
音道を夢中で探し、必死に救出しようとする滝沢の姿には心打たれました。
最後、滝沢たちが犯人のアジトに潜入し、
音道が救出されるシーンでは涙がとまりませんでした。
(ちなみに電車の中で読んでました~)

この作品を読んでやっと、先に読んでしまった「風の墓碑銘」で、
なんで滝沢があんなに音道に友好的なのか納得できました
でもそれを知ってるのは読者だけであって、
音道にはそれがなぜだかさっぱりわからないんですね。
滝沢の態度にいちいち戸惑う音道の姿に思わず笑ってしまいます。
それと、「風の墓石碑」ではもう終わりかけてた音道の恋人・昴一とも、
こちらではラブラブな感じでした こんないい時代もあったのに・・・残念だわ

あまりによかったので巻末の書評を読んだら
「ハードボイルド小説にあり
がちな気取りの多い会話もないし、余計なうんちくもない。
まっすぐに事件に入り込む。単刀直入で小気味いい」
とありましたがまさにそのとおりっっ
かざりすぎず簡素すぎず、
作品全体が貴子そのものをあらわしているような、
そんな作品なのです
早くも今年ベスト1だと思われる小説に出会ってしまいました

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌

風の墓碑銘/乃南アサ

★★★☆☆

エピタフ


東京・下町の解体工事現場から白骨死体が三つ。
そして大家である徘徊老人の撲殺事件。
真夏の下町を這いずり回ること二カ月あまり。
中年の毒気を撤き散らす滝沢の奇妙な勘働きと、
女刑事・音道貴子の大脳皮質は、
「信じられない善意の第三者」でようやく焦点を結んだ。
名コンビは狂気の源に一歩ずつ近づいてゆく…。


だいぶ心を開いてきた滝沢。
一方、まだまだ警戒心をゆるめられないでいながら
滝沢の友好的な態度に戸惑いを隠しきれない音道。
このふたりのぎこちないやりとりや
腹の底で思ってることなんかが
いちいちおもしろいっ

お互い相手の心は知ることはできないんですね。
それぞれの気持ちを知ることができるのは
この作品の読者だけです。
「あーあー、滝沢さん、そんなこと言っちゃって、
 きっと貴子は怒ってるぞー。」
「そこまでバリア作ることないのに。。。
 貴子が思うほど滝沢だって悪い人じゃないんだよ。。。」
なんて思いながら読むのが楽しくてしょうがありませんっ。
事件自体よりそっちのほうに気を取られましたね。

なぜかなんだか、ひとりになるとしずみがちの日々だったので
この本を読んでるときは唯一現実逃避ができて
読書の時間が本当に楽しかったです
シリーズをとばして読んだら、
貴子にいつの間にか彼氏ができていました。
「鎖」を急いで読まねば~

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌

凍える牙/乃南アサ

kogoerukiba.jpg


深夜のファミリーレストランで突如、
男の身体が炎上した!
遺体には獣の咬傷が残されており、
警視庁機動捜査隊の音道貴子は
相棒の中年デカ・滝沢と捜査にあたる。
やがて、同じ獣による咬殺事件が続発。
この異常な事件を引き起こしている怨念は何なのか・・・?
野獣との対決の時が次第に近づいていた―。
女性刑事の孤独な闘いが読者の圧倒的共感を集めた
直木賞受賞の超ベストセラー。


眠り猫の憂鬱」のせつらさんご指南に従って読んでみました。
音道シリーズの中でも本作品は、
どうやら直木賞を受賞したものらしいです。

事件に関しては、時限装置で発火するベルトだとか
獣に噛み殺されるだとか
本当に派手なものばかりにも関わらず、
最初から最後まで決して現実離れしていない、
「ありえないっしょ」と醒めてしまうようなところがひとつもない、
それはひとえに乃南さんの力なんだろうな~、と感じた作品でした。
読み終わって、本にむかって
納得の「うん」と大きくうなずきたくなるような作品です。

個人的に、出て来る地名がプー子が今住んでる町に近かったり、
前の勤務地で、毎日通ってる道だったり、
犬を飼っていたりするのも重なって、
かなり親しみのようなものを感じながら読むことができました。
といってもうちのおじょうちゃんは、
疾風の10000分の1もかしこくないけどね
最後にはプー子も音道と同じくらい疾風に恋こがれ、
自らの命を断った時には涙が出そうになりました。

音道・滝沢の名?コンビっぷりも読みどころ。
またこのふたりをみたくて、
本を読み終わってから
ソッコーで「風の墓碑銘 」を読み始めてしまいましたアップロードファイル

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌

卵の緒/瀬尾まいこ

tamago.jpg


またまた瀬尾さんの本を読みました。
もちろん「眠り猫の憂鬱」のせつらさんのところで見つけた作品。
こちらは短編が二作品でした。
プー子は「卵の尾」のほうがすきだな~。
現実にはありえないような突飛な母親だけど
この作品の世界の中では
とびっきり愛情あふれるステキな母親なんです
自分が捨て子なのかと不安がってる子供に、
「あなたのことは卵で産んだのよ。
これがへその緒ならぬ卵の緒よ
なんて言いながら、
卵のからなんか見せたりして。。。
これじゃ子供がグレちゃうんじゃないの
って思うんだけど、
そんな母親に対してオトナに接してる息子もおもしろい。
なによりこうゆう独特なのが、
瀬尾さんの世界って感じがしました

「7's Blood」は。。。
ん~どうかな~。。。
だいたいマンガでも本でも、
「ちょっと血がつながってる謎の年下の男の子」
なる存在があらわれると、
その子はほぼ100%の確率で、
「透き通った真っ白い肌をしていて」
「なんでもそつなくこなす大人のような子供」で
「時々不意に子供っぽい表情をみせる」んですね。

こうゆう場合たいてい主人公には彼氏がいるんだけど
「なんとなくマンネリ」です。
さらにこの作品には、
「物静かで大人な同級生」まで出てきちゃうもんだから、
もうこれはベタな少女マンガのシチュエーションの王道だな~と。
そんな余計なことを考えながら読んでしまいました。。。

たまたま前回の「幸福な食卓」も家族についての話だったんで、
瀬尾さんはなぜこれ系の話がすきなんだろう
と思ってあとがきを読んだら、
瀬尾さん自身母子家庭で育ったからだとゆうことがわかりました。
家族というものに人一倍の憧れを抱いているのかな
いろんな形の家族があるけど
それぞれがかけがえのない「家族」なんだよね。
あたりまえなんだけどぼんやりそんなことを考えてしまいました。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。