スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人の門/東野圭吾

satujin.jpg


★★★★★

倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。
悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。
そして数多くの人間が不幸になった。
あいつだけは生かしておいてはならない。
でも、私には殺すことができないのだ。
殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?
人が人を殺すという行為は如何なることか。
直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。


かなり気に入った!
最後の一行(「俺は、殺人の門をくぐったのだろうか。」)
が何よりすごく気に入りました!

「殺意」について、
これだけ長々と、深く掘り下げた作品ってあるんだろうか?
しかもこの作品は、実際に殺人に至るところまでは
書ききってないんです。
あらゆるミステリー小説で殺人は起こるけど、
そのすべての作品の原点といってもいいのではないかと思えるくらい
すばらしい作品だったように思います!

東野さんはいろいろなジャンルの作品を出すけど
こうゆうくらくてもったりとしたのが
プー子は一番すきだなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

パラレルワールド・ラブストーリー/東野圭吾

parereru.jpg


★★★☆☆

親友の恋人を手に入れるために、
俺はいったい何をしたのだろうか。

「本当の過去」を取り戻すため、
「記憶」と「真実」のはざまを辿る敦賀崇史。
錯綜する世界の向こうに潜む闇、
一つの疑問が、さらなる謎を生む。
精緻な伏線、意表をつく展開、
ついに解き明かされる驚愕の真実とは?!
傑作長編ミステリー。


テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

片想い/東野圭吾

kataomoi.jpg


★★★☆☆

十年ぶりに再会した美月は、男の姿をしていた。
彼女から、殺人を告白された哲朗は、
美月の親友である妻とともに、彼女をかくまうが…。
十年という歳月は、かつての仲間たちを、
そして自分を、変えてしまったのだろうか。
過ぎ去った青春の日々を裏切るまいとする仲間たちを描いた、
傑作長篇ミステリー。


ムリがありそうな設定にもかかわらず
ムリなく読めるのが東野さんの作品だと思います!
この作品もまさにそのとおりで、
ただのミステリーにおわっていません。
登場人物の心理描写とか、見事でした!

まー美月を思い浮かべるときには
上戸彩とヒラリースワンクが
頭から離れませんでしたがねぇ。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

模倣犯/宮部みゆき

mohouhan.jpg


★★★★☆

東京の下町で豆腐屋を営む
有馬の孫娘が行方不明に。
その10ヶ月後、ある公園で切断された右腕が発見される。
そんな中、生放送中のワイドショーに
犯人らしき男から電話が…。


いまさらですが、会社の先輩に借りて読みました!
2巻くらいからどんどんおもしろくなって、
もったいないからってちょびちょび読んでいたのですが
今日通勤途中にちょうど、犯人とその事件を追っていたルポライターの
直接対決の場面になってしまい
もうガマンできない!!
と、会社までの徒歩15分くらいの間も読み続けてしまい、
さっき会社のトイレで読み終えてしまいました。。。

物語のおおまかなあらすじとしては、
主犯格の男性(ピース)がいて、その手下(ヒロミ)とふたりで殺人を繰り返すんだけど
ヒロミの親友(高井)が彼の反抗に気づいて警察に自首させようと説得し、
ようやくヒロミが自首する気になって、警察に行く途中、
ふたりの乗る車が交通事故にあってしまって、ヒロミと高井が死亡する。
世間は連続殺人犯の犯人を、ヒロミと高井のしわざだと思いこみ、
事態は終息にむかうかのように見えたが、ある日
ピース【ヒロミの共犯は高井ではない!真犯人は別にいる!】
という内容の本をピースが出版。
ピースはまたたくまに「時の人」となる。
もともとこの連続殺人事件を追っていたルポライターが
ピースに疑いの目を向けて、
ピースとルポライターの出演するテレビの公開番組でピースにゆさぶりをかけ
あっさりそれに乗ってしまったピースが自白をして終了。

端役?と思われる登場人物の人となりまで
全てにおいて細かく細かく描写されていて、
いかにも宮部さんらしい作品だったと思います。
しかしこれだけ長い作品であるにもかかわらず
プー子が物足りなかったのは
ピースについての記述が少なすぎるということです。。。
ピースの経歴については、本当にダイジェスト版って感じで
一度出てくるだけです。
最初の殺人(ピースがピースの母親を殺したこと)についても
結局最後まで書かれていませんでした。

専門家に言わせると、そこがいいんだ!
ってことかもしれないけど、
プー子は細かいことはよく分からない、本当のド素人なので
最重要人物、ピースのことが
最後までよくわからなかったのは消化不良です。。。

ひさしぶりに宮部さんの作品を読んで
また読みたくなってしまいました!
さっそく今日は図書館で宮部さんの作品を
予約登録しちゃいました~。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

スラムダンク

slamunk.jpg


★★★★★★★★★★

実家へ帰ると言っても、最近は
「実家のトイレへ帰る」
と言っても過言ではありません。

「コーチ・カーター」を観てからむしょうに読みたくなり
先週から、「スラムンダンク」を全巻トイレに持ち込んで
入っている最中に読んでいます
「トイレにいる間に少しずつ読む」はずが
「読むためにトイレにいる」状態になり
ちょっとずつゆっくり読む予定が
もう2周目に入ってしまっています。。。

半年~1年に1回くらい、読みたくなるスラムダンク。
本当に名作中の名作ですね!
あれはもはや、マンガの域を超えていますね!!

まいっっっかい同じところで泣くのですが
何度泣いてもまた泣いてしまいます。。。

昨日はミッチーの
三井【安西先生、、、俺、、、バスケがしたいです。。。】
ってところで号泣。
トイレでひとりで号泣です!

「スラムダンクのどこで感動するか」って話でよく盛り上がり
フッキーの
福田【もっとほめてくれ。。。ふるふる。。。】
ってところで泣くって言うと
たいてい
相手【???】
って顔をされてしまいます。。。

また来週帰ったら読もう~!!!

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

COMIC GUMBO

★★★☆☆

今日めざましでやってた
「無料配布の週間マンガ・GUMBO」。

絶対欲しい!!!!!

さいわい、プー子の勤務最寄り駅は、無料冊子や試供品配布の宝庫。

わくわくしながら広場へ向かうと・・・

プー【イターーーーー!!】

配ってるおねえちゃんに
プー【それ、もらってもいいすか?】
自分から申し込むかたちで見事ゲット!!!

期待よりも中身はうすっぺらでしたが
通勤の合間とか、寝る前にちょっと読むにはいい感じです!

思い起こしてみれば、マンガというものをまともに読んだ記憶がありません。
ちっちゃいころは、プー姉が気が向いたときに買ってくる
りぼんやぶ~けを、暗記するまでむさぼり呼んでいました。
大学に入って、ヤンマガとヤンジャンを買ったけど
お金がかかるためにすぐに断念。
一度やめちゃうと、タイミングを逃してしまって、復活することはなく。。。

無料だし、気軽に手に入るこのマンガは是非続けたい!!!

しかし問題は、週交代でくる早出当番の週。
路上配布ってのは、大体7時半過ぎから始めるので
プー子が駅を通るときには、ちょうど配布する人たちが集合して
ちょっとした打ち合わせとかをやってるんですね。
もうここは恥を忍んで、その打ち合わせに割り込んで
プー【悪いけど急いでるんで先に1冊くれませんかね?】
と言うしかない!!!!

がんばれプー子。。。

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

おそすぎますか?/田辺聖子

★★★★☆

人間の暮らしの中の喜びや哀しみ。
二十代の若いヒロイン、中年の男女、
八十代の姥ざかりが織りなすさまざまな人生。
田辺聖子の小説の魅力を、
すべて盛り込んだ贅沢な作品集!


ショートショートなので、とても読みやすいです!
サラサラ読めるのは通勤の強い味方。

ところでこの中のひとつの短編に
ものすごくドギマギしたプー子。

「おそすぎますか?」というタイトルです。
ある夫婦がいて、女性のほうは仕事がすんごく忙しくて家事もおざなり。
結婚前は、そんな妻をやさしくねぎらってくれただんなさんも
だんだん様子がおかしくなり、夫婦はすれちがっていく。

それでも妻は気づかなかった。
たまの休みには、だんなに一生懸命尽くしている。
それで十分だ、と誤解していた。

「せっせと家事をし、『これでまた仕事に精を出せる。たっぷり充電できた。』
 と私は思っていた。
 しかし、男は充電というものができないらしい。
 1年一緒にいても、1日離れていれば、ご破算になっていまう、
 そんなワガママなところがあるらしい。
 でもその頃の私は、男女の違いに気づかず、自分サイドで透(とおる)を
 規制しようとしていた。」
(うろ覚えなもので適当な抜粋です。。。)

結局このあと透に新しい女ができてしまいます。
そのときやっと、彼女は、自分が間違っていたことに気づいたのです。

怖いですね。。。

プー子は仕事が忙しいということはないけど
なにしろ実家が忙しい。。。
(毎週土日、実家に帰ってるのです!)
そしてそんなプー子の口癖は
プー【でも家にいるときはちゃんとしてるもん!】
です。

かぶりすぎです!!!

自己満足はしちゃいけないな。
いつでも相手を思いやる気持ちは忘れてはいけないんだなーーー。
と、強く思ったのでした~。
(しかし行動が伴うかといったらそれは・・・ゴメン、旦那さん。)

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

黒笑小説/東野圭吾

kokushou.jpg


★★★☆☆

笑いのマエストロが放つ超ブラックユーモア。
丸い物がすべて巨乳に見えるようになって…
「巨乳妄想症候群」。
メル友に会うため写真と実物の差を埋めようとする女…
「奇跡の一枚」。
他、「選考会」等全13編の猛毒爆笑短編集。


東野圭吾の作品です。
ところで「ヒガシノケイゴ」って読んでたんだけど、ある日プーママに
ママ【「トウノケイゴ」でしょ!】
ってなおされて、しばらく「トウノケイゴ」って読んでました。。。
プー子が「トウノケイゴ」って言ってるのを聞いたことがある人は
この子はだまされてかわいそうな子だったんだな~って思ってください。

ところでこの作品。
図書館で注文しました。

この本は注文のとき、注意してみるのを忘れていて、
手にしてみたらハードカバーのでかい本だったのね。
手持ちのブックカバーがかけられなくて、すごくはずかしいです。。。

しかし、はずかしかったのはその本の大きさだけではありませんでした。

これは短編小説なんだけど、2本目くらいで出てくるのが
丸いものはなんでもかんでも巨乳に見えてしまうという病気にかかる男の話。。。
そして次の作品は、「インポグラ」っていう、
バイアグラとまったく逆の効果のある商品を開発してしまった人の話。。。
さらにその次は、わきの下にふりかけるだけど
モテモテになれるスプレーを手に入れた男の話。。。。。。

東野圭吾っつったら、
めちゃくちゃかたくて暗い小説しか読んだことなかったんですよ。。。
しかしこの作品ときたら。。。
愕然とします
本の左上には常に、短編のタイトルが載ってるんだけど
「巨乳妄想症候群」
「インポグラ」
「モテモテ・スプレー」
とかって書いてある本を、超満員電車で読む27歳女子って自分。。。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

蛇にピアス/金原ひとみ

hebinip.jpg


★★★☆☆

顔面にピアスを刺し、龍の刺青を入れたパンク男、アマと同棲中の19歳のルイ。
アマの二股の舌に興味を抱いたルイは、シバという男の店で、
躊躇なく自分の舌にもピアスを入れる。
それを期に、何かに押されるかのように身体改造へとのめり込み、
シバとも関係を持つルイ。
たが、過去にアマが殴り倒したチンピラの死亡記事を見つけたことで、
ルイは言いようのない不安に襲われはじめる。
第130回芥川賞受賞作品。


んで、その後アマが失踪。
数日後、体を切り刻まれ、根性焼きをされ、犯され。。。
それはそれはおそろしい状態で遺体で発見され。

ルイはアマが死んでから
自分にとってアマがかけがえのない存在であることに気づくんだな。
んで、シバと同棲(どないやねん)。
しばらくして、シバの家に、アマの遺体にささっていたムスクと同じものを発見する。
犯人はたぶんシバだ。
しかし、シバとは同棲を続け
最終的には
シバとこれからもずっと一緒にいようみたいな終わり(いいんかそれで?)。

どうしようもない破滅的な内容だけど
どこか人間らしい愛情表現が残ってたりして
そんなかけらをみつけるとすごくホッとするよ。

ものすごくうすい本なうえに
上下に余白が引くほどあるので
このプー子でも1日で読めました~!

ところで関係ありませんが、プー子が寝る前に本を読みます。
いつも気づくと朝なんだけど
自分が何分くらいで寝てるのかな?って知りませんでした。
ところが昨日。
寝ようと思ってしたにおりるとき
旦那【俺も一服してからおりるわ。】
と言ってました。
そして、一服すませて益旦那さんがおりてきたとき
プー子はもうほぼ寝ていました。。。
たぶん一服するのにかかる時間はせいぜい5分。。。

どんだけ即寝!!!

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

蝉しぐれ/藤沢周平

semishigure.jpg


★☆☆☆☆

清流とゆたかな木立にかこまれた城下組屋敷。
普請組跡とり牧文四郎は剣の修業に余念ない。
淡い恋、友情、そして非運と忍苦。
苛烈な運命に翻弄されつつ成長してゆく少年藩士の姿を、
精気溢れる文章で描きだす待望久しい長篇傑作。


この本、最近よく本屋+おもちゃ屋で知りました。
ポップ(?っていうの?本の紹介文みたいなやつ)で
大絶賛されてて。
「ふつうの時代小説とは全然違う!
ものすごく感動!!
時代小説が苦手な人も、絶対読んでみて!!!」
みたいな。
平岩弓枝さんが好きですが、
彼女の時代小説はどうも苦手で、買い集めたけど読まずに
オークションで売っちゃいました。
そんな増子にもハマれるのかな?
と思って、その場では買わず、図書館で注文。

読みました。
ものすごくがんばって。
500ページ以上にわたる長編を!!!

最後の1行までのぞみをかけていましたが
まったくおもしろくありませんでした。。。

内容はざっといえば
武士の子の成長記録みたいなもんだったよ。

あの本屋のポップにだまされちゃいけない。。。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

霞町物語/浅田次郎

kasumicho.jpg


★★★★★

青山と麻布と六本木の台地に挟まれた谷間には、
夜が更けるほどにみずみずしい霧が湧く。
そこが僕らの故郷、霞町だ。

あのころ僕らは大学受験を控えた高校生で、
それでも恋に遊びにと、この町で輝かしい人生を精一杯生きていた。

浅田次郎が始めて書いた、著者自身の甘くせつなくほろ苦い生活。
感動の連作短編集。


泣けます!!

続きものの短編集なのですが
最後の「卒業写真」では
通勤のバスの中で
タオルで顔を覆って号泣しながら読みました!!!

恥ずかしかったけど止まらなかったの!!!!!

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

寺内貫太郎一家/向田邦子

terauchi.jpg


★★★★★

著者・向田邦子の父親をモデルに、
口下手で怒りっぽいくせに涙もろい愛すべき日本の〈お父さん〉と
その家族を描く処女長編小説。


かねてから読みたいと思っていました。
ドラマがあったみたいですね。
浅田ミヨコが屋根の上で風船の歌うたう、あのドラマだと思います。
さっそく図書館で借りてみました。

スゲーおもしろい!!!

しかし、普通に泣いてしまうので
電車の中で読んだりするときは注意しましょう!!!

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。