スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクの町/乃南アサ

★★★☆☆

警視庁城西署・霞台駅前交番に
巡査見習いとして赴任した高木聖大は、
研修初日から警察手帳に
彼女のプリクラを貼っていたことがバレるような、
今風のドジな若者。

道案内、盗難届の処理、
ケンカの仲裁などに追われるが、
失敗の連続でやる気をなくしていた。
が、所轄の同期見習いが犯人追跡中に大ケガを負ったことで俄然、
職務に目覚める。
聖大の成長をさわやかに描くポリス・コメディ。


眠り猫の憂鬱」のせつらさんからご紹介いただいた作品です
警察官の登場する作品といえばたくさんありますが、
こんなにやる気のない警察官が
いまだかつて主役になったことがあるでしょうか。。。
聖大は、本当に、いまどきの若者そのもの。
それがひょんなことから警察官になり、
仕事やさまざまな人たちとの出会いを通して、
若者らしく、みずみずしく成長していく姿が描かれています。
読んでいて、「わかるわかるよ聖大
と何度もうなずかされるところがあったなぁ。
新入社員時代、仕事がまったくできず、
だからといってやる気も起こせず、
「どうして自分はここにいるんだろう。。。
 でもここがいやだからといって、
 自分に何がむいているのかもわからない。。。」
と、悶々と悩んでいた頃を思い出しました。
人はこうやって少しずつ、成長していくものなんだなぁ。
中盤からは、いつの間にか、
聖大をあたたかい目で見守る大人のような心境で読んでました。

今そこいらでプータローやってるヤツらに読ませてやりたい
こちらの作品には続編があるそうです。
楽しみだわぁアップロードファイル
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

人気なんですね

今晩は、「ぼくの町」読了お疲れ様でした。このシリーズ
気に入ってもらえたようですね、警察小説と言うよりは
少年が大人になる青春小説のような感じですね
今時の無気力な少年が何の因果か高校を卒業後に
警察学校へそして警察になるも何で俺がな無気力な
毎日でも各エピソードを体験するうちに大人の自覚が芽生えていく姿が
いいですね、このシリーズは聖大の成長はゆっくりです。
次回作では正義感が芽生えていきますよ期待してください
次回作「駆け込み交番」をよんで「いつか陽のあたる場所で」
を読む方がいいですよ、「いつか陽の」は聖大君はちょっとだけ出ますが
舞台がリンクしているので楽しめると思いますよ

>せつら さん

「駆け込み交番」楽しみです♪
でもこちらも、「いつか陽の・・・」同様に
予約がけっこう入ってるので
amazonで中古本を買おうかな?と検討中。
お小遣いも苦しいので(´∀`;A
慎重に考えている最中です。。。

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。