スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠りの森/東野圭吾

nemurinomori.jpg


★★★★☆

美貌のバレリーナが男を殺したのは、
ほんとうに正当防衛だったのか?
完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む
高柳バレエ団のプリマたち。
美女たちの世界に迷い込んだ男は
死体になっていた。

若き敏腕刑事・加賀恭一郎は
浅岡未緒に魅かれ、事件の真相に肉迫する。
華やかな舞台の裏の哀しいダンサーの悲恋物語。

眠り猫の憂鬱」のせつらさん、
東野作品で一番オススメがこちらの作品です

いやー、期待して読んだけど、
期待を裏切らない作品でした
読解力のないプー子は、
犯人が最後までわからなかったし、
犯人が必ずひとりだと思い込んでいたところから
まず裏切られたというか。
バレエ界ってあんななんですかね。
華やかなイメージとは真逆といっていいほど
閉鎖的で、暗くて、重い
まるで宗教です。
こんな特殊な世界を描いていながら
無理な感じが一切しないのは、
さすが、東野作品

殺人事件から
バレエ界の裏側から
ちょっと切ない恋物語から
おもしろどころ満載の作品でした

あと本筋とは関係ないんですが、
加賀刑事が登場する作品をはじめて読んだのが
「赤い指」だったプー子にとっては
未緒に恋する加賀刑事を「若いなー」
と、なんだかほほえましく感じてしまいました。
それから加賀刑事が喫茶店では必ず紅茶を飲むところ。
普通刑事はコーヒーだよなぁ。
なんで紅茶なんだろ
なんだか加賀刑事がかわいらしく感じてしまいました~。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

嬉しいです。

こちらもおじゃまします。「眠りの森」気に入ってもらえたようで嬉しいです
加賀恭一郎どうでしたか?いろいろミステリー作品など読んできたけど
一番のお気に入りなんです。彼のシリーズは全部読んでるけど自分も
彼のようにありたいと思って手本にしてます。
それにしてもこの作品のその後が気になりますよね、この作品後未緒さ
ん出てこないから、加賀さんはまだ待ってるのかなって思います。
ミステリーとロマンスが絶妙のバランスですよね
この作品よりも若い加賀さん「卒業」もいいですよ彼がまだ大学生のころ
の事件です。

>せつら さん

ラストはなんとも切なく悲しい終わり方でしたね。
美緒さんの病気はあの後なおったんだろうか?
相当気になるところです。
次は「卒業」読むことにします!
いま「さまよう刃」読んでいます。
娘を殺された父親が復讐はじめたところです。

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。