FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎖/乃南アサ

★★★★★

鎖


東京都下、武蔵村山市で占い師夫婦と信者が惨殺された。
音道貴子は警視庁の星野とコンビを組み、捜査にあたる。
ところが、この星野はエリート意識の強い、鼻持ちならぬ刑事で、
貴子と常に衝突。
とうとう二人は別々で捜査する険悪な事態に。
占い師には架空名義で多額の預金をしていた疑いが浮上、
貴子は銀行関係者を調べ始める。
が、ある退職者の家で意識を失い、何者かに連れ去られる。

貴子が目を覚ますと、
廃屋に監禁され、鎖で手足を縛られていた。
一方、行方不明の貴子を救出するため特殊班が編成され、
かつて彼女と組んだ滝沢刑事も加わる。

やがて犯人らの巧妙な現金奪取計画が明らかになり、
貴子も犯人の中の女性を説得し、懸命に本部との連絡を試みる。
が、特殊班はなかなか潜伏先に辿り着けない。
ついに貴子の気力・体力も限界に―。


今ハマってる音道・滝沢シリーズの(プー子にとって)3作品目です。
はじめしばらくは滝沢が出てこなくて、
虫ケラ星野にイライラしましたが、しばらく待ったら滝沢が登場しました。
あまりにうれしくなって、滝沢が出てきたくだりを読んだ瞬間、
たまたま隣にいた旦那さんに報告しちゃったよ

今回は音道が犯人グループに拉致監禁されるんですね。
かなり過激なお話です。
後篇に入り息をつかせぬ展開に、目が離せず一気に読んでしまいました。
音道を夢中で探し、必死に救出しようとする滝沢の姿には心打たれました。
最後、滝沢たちが犯人のアジトに潜入し、
音道が救出されるシーンでは涙がとまりませんでした。
(ちなみに電車の中で読んでました~)

この作品を読んでやっと、先に読んでしまった「風の墓碑銘」で、
なんで滝沢があんなに音道に友好的なのか納得できました
でもそれを知ってるのは読者だけであって、
音道にはそれがなぜだかさっぱりわからないんですね。
滝沢の態度にいちいち戸惑う音道の姿に思わず笑ってしまいます。
それと、「風の墓石碑」ではもう終わりかけてた音道の恋人・昴一とも、
こちらではラブラブな感じでした こんないい時代もあったのに・・・残念だわ

あまりによかったので巻末の書評を読んだら
「ハードボイルド小説にあり
がちな気取りの多い会話もないし、余計なうんちくもない。
まっすぐに事件に入り込む。単刀直入で小気味いい」
とありましたがまさにそのとおりっっ
かざりすぎず簡素すぎず、
作品全体が貴子そのものをあらわしているような、
そんな作品なのです
早くも今年ベスト1だと思われる小説に出会ってしまいました
スポンサーサイト

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌

COMMENTS

気に入ってもらえたようで

プー子さんこんにちは!

鎖読了お疲れ様です。気に入ってもらえたようで嬉しいです。
滝沢刑事が貴子さんを刑事として相棒として認めていることがよく
わかるよね、無骨で不器用な滝沢刑事ですがこのキャラクターを
よく女性が描けるなと感心しました。
きっと身近にこういう方がいらっしゃるんだろうね、星野のバカが
あること無いこと同僚にまたは会議で貴子さんの悪口を言いますが
全部滝沢刑事がカンパしてホローしてましたね、彼女の救出のとき
も一番に飛び出しました。彼女を救い出すのは自分が最初でなけ
ればダメだと言ってましたね、相棒の俺が一番に駆けつけなくて
どうする!って、しかし不器用なんですよね、そういう思いを伝える
ことができないんです。
この事件のその後の貴子さんは短編で描かれていますよ

No title

いつもありがとうございます!
滝沢さんがこんなに貴子のことを想ってるのに
つれない貴子にヤキモキしたりしながら読みました。
貴子の地道な努力と刑事のカンで
ちょっとずつ事件が進展していく様子も
ハラハラしながら楽しく読めました。
本当にすばらしい作品でした(*"ー"*)
今年暫定No.1の地位を崩す強豪は
今後あらわれるんでしょうか~?!

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。