スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・ギャングスター

★★☆☆☆

americangangstar.jpg


監督
 リドリー・スコット
出演
 デンゼル・ワシントン
 ラッセル・クロウ
 キウェテル・イジョフォー

1968年、
フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、
独自の麻薬ビジネスを展開する。
やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、
目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。

一方、汚職がはびこる警察組織の中で
正義を貫こうとする刑事リッチー・ロバーツは
新設された麻薬捜査チームのリーダーに任命され、
ドラッグ市場を牛耳る謎の人物に迫って行くのだった。


プーママと旦那さんと見てきました。
プー子が前々から楽しみにしていた映画です[emoji:v-363]
期待しすぎなくらいに期待して
ドキドキしながら見たんですけど、
腹痛のため薬の過剰服用で
しばらくの間アップロードファイル
でもさいわいなことに大筋には影響しなかったです

映画自体はあんまり盛り上がりがなかったなー。
けっこうたんたんと進んでった感じで、
これが実話ならすごいストーリーなのに
なんとなく残念な気持ちになりましたアップロードファイル
デンゼル・ワシントンが教会から出てきたら
ラッセル・クロウが目の前で待ち構えてることろは
最も興奮したんですが、その後はやっぱりトーンダウン。
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウが協力しあって
警察内部をかたっぱしから逮捕するところとか
その後ラッセル・クロウが弁護士に転職して
デンゼル・ワシントンの弁護につくところなんかは
字幕でザーッと紹介されちゃうんだけど
そのへんを映画にしたほうがおもしろかったのでは・・・
って思ってしまいました。

デンゼル・ワシントンが惚れる女性も
あんまり美人じゃなかったしなー。
悪者の女はだれもが認める絶世の美女じゃないと
なんとなく許せない気持ちになりますアップロードファイル

悪者と正義の真っ向勝負っつったらやっぱり「ヒート」。
あの映画にかなうもんはないな~。
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

COMMENTS

麻薬王だったからかな。

どうも睡魔に襲われたようで、残念でした。
やはり実話と言うことで派手に脚色出来なかった感じもありますね。
「ヒート」はデ・ニーロとアル・パチーノでしたか。
観たような気がします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>ワトソン さん

今思えば、へんな派手さがなかったところは
逆によかったように思います。

ところで「チームバチスタの栄光」犯人。
えぇぇぇぇーーー!!!
CMで見てて一番ありえないって思ってた人でした!!!
驚きーーーー!!!
本当にビックリーーーー!!!!!!

さらに本が読みたくなってきましたo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。