スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE BLUE HEARTS

先日検索ちゃんで、ブルーハーツのことについてちょっとやってました。
ブルーハツといえば、プー子がはじめて熱心に好きになったミュージシャンです。

好きになった経緯はちょっと変わってて、
小学生の時にたまたまテレビで
「首つり台から」のPVをテレビで見て、
プー【こ・・・これはなんて曲なんだっっっ!
    こんな音楽がこの世に存在するのかっ!!

と衝撃を受けたんです。
この曲には、ひたすら「首つり台」って歌詞が出てくるんです。
挙句の果てに、「首つり台から笑ってみせる」ですよえっ
小学生のプー子には、相当の衝撃でした。
で、そのPVの最後に出てきたアーティストの名前を必死で覚えて、
後日つれてってもらったCD屋で
「首つり台から」が収録されているアルバム、
「BUST WASTE HIP」を買ってもらいました。
bust.jpg


そのアルバムはすごく気に入って
何度も何度も聴きました。
その後、どうやらブルーハーツには、もっと売れた曲がたくさんあって
実は昔は相当有名なロックバンドだったらしいということを知ります。
そっからアルバム集めていって、
「リンダリンダ」や「TRAINTRAIN」を知りました。

アルバム全部そろえて数年後「STICK OUT」が発売された時には
すごいうれしかったなー。
それまではすでに発売されたアルバムを買ってばかりだったので
プー【やっと時代においついたっきゃー
って強く思ったのを今でも覚えています。

そのころはネットとかもできなかったし
ブルハ自体テレビとかにもそんなに出なかったし
お金もないから雑誌とかも満足に買えないし
ただブルハの音楽だけが好きで、
自分なりに曲セレクトしたりして何種類もテープ作ったりして
歌詞全部暗記するくらいまでただひたすら聞いてました。

それだけ愛してやまなかったので
解散してしまったのはすごく悲しかったけど
ひさしぶりになつかしくなって調べてみたら
解散の理由はベースの宗教ってガーン
そんなこと知らずに「インスピレーション」とか
ゴキゲンで歌ってたしっ落ち込み

大人の世界っていろいろあるんですね。

あ、でもステキなエピソードもあるんですよ♪
これは有名な話だけど。
「日曜日よりの使者」という曲は、
自殺を考えていたヒロトが、
毎週日曜日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」
を見て、思わず笑ってしまい、
まだ自分にも笑うことができるんだと、自殺を思いとどまった、と。
そこから生まれた歌が、この「日曜日よりの使者」なんです。
お笑い好きにはたまらん逸話ですね

昔はいろんな曲がそれぞれ好きだったけど、
今思い出してみて一番好きなのは、「夕暮れ」です。
相当晩年の曲だから、本当のブルーハーツファンにしたら
邪道かもしれないんですが
この曲は本当に切ない。本当に夕暮れ。
こんなにももの悲しい夕暮れの様。
それでいて本当にやさしい曲なんです。
youtubeで見つけてひさびさに聞いたら
胸が痛くて苦しくなりました。

やっぱりブルーハーツは永遠だなースマイル
スポンサーサイト

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

COMMENTS

知らなかった★

ブルーハーツは、私時代もバンドやってるコとかは
コピーしてる人、多かったですねぇ。懐かしい★

基本的にシングルで売れた歌しか知らないのですが(汗)
私は「青空」が大人になってから好きになりました♪
たまに仕事中に聞いてます。

「日曜日の使者」のエピソードは知らなかった!
ヒロトってあんな無茶そうなのに、そんなコト考えてたんですね!
へぇ~っ。

プー子さんは、文章お上手ですね。
読んでてスゴイ分かりやすくてオモシロイです♪
もしかして同世代だから!?ということもあるからかもしれませんね★

No title

>kaobu さん

いやはや、おほめいただいて光栄デス(*_ _)人
そうそう!!
若い頃好きだった曲って、
おとなになってから改めて聞くと
また味わいが違っていいところに気づいたりするんですね~。

アーティストは往々にして
生と死を見つめてるようなイメージがあります。
でも、思いとどまってくれて本当によかった。
まっちゃんありがとう!!!って言いたいです♪

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。